消防設備士

消 防 設 備 士

消防設備は、高層ビル、大規模建物、学校、病院、デパート、ホテル劇場等の建物の用途、規模、収容人員に応じて火災・地震が発生した時に対応するための設備として法律により設置が義務づけられています。

 

 昭和41年10月から消防設備の機能を完全に確保するため国家資格として消防設備士制度として始まりました。 設置される消防設備の製図作成や工事または整備・点検を行なう技術者が消防設備士です。

 

 消防設備士の仕事は、人命を預かる仕事を担っており、その仕事の重要性から消防設備等の設計・工事、整備点検は、消防設備士でなければできない国家資格となっております。  社会から消防設備士に消防設備の工事または点検・整備について全面的に委任されております。

 

 消防設備士は、消防設備の本来の機能を充分に発揮させるため、消防機関と消防設備士とがお互いに共同体制を取っています。 円滑な消防設備工事を行うために、消防機関が事前に指導できるよう10日前に事前着工届体制がとられています。     

 

 消防設備等について深い専門的知識、技能を持たない消防設備士は、故障や不備欠陥を見つけ出すことはできません。 消防設備士は、日頃から消防設備等の構造・機能について十分に研究し、工事または整備点検の高いスキルの向上が常に求められています。 

 

  また、消防設備士は、消防設備等の工事または整備を誠実に実施して、消防法令の遵守をしなければなりません。 消防設備等について消防設備は、一般人の親切な相談役になり、その理解を深めさせるよう努める役割を担っております。

 

消防設備士とは

  消防設備士とは、一般法人消防試験研究センターにより実施される国家資格で消防設備士免許を所有している人である。 一般法人消防試験研究センターまた、消防設備士は、消防設備等の工事または整備を誠実に実施して、消防法令の遵守をしなければなりません。 消防

 

 

 

 

 

全類日本最速取得者(甲種特類の全類を348日)    甲種1〜甲種5、乙種6、乙種7の7免許を7ケ月取得

消防設備士免許全類を364日で取得                 1免許取得45日で取得
ユキズミ.jpg 幸逸.jpg